だらしない女性は恋愛対象外!男が嫌う5つの場面

だらだらする女性

だらしない女性はあまり印象がよくありません。男性が女性のことをだらしないと感じるシーンをピックアップしてみました。

女性のだらしない場面5つ

①カバンの中がいつも整理されていない

カバンを持つ女性

デートの時などにちらっと見える女性のカバンの中身。
化粧品や、レシート、ハンカチ、携帯電話のコードなどが無造作にちらかっているカバンの中を見るとだらしなく感じてしまいます。
お菓子を食べた後のゴミや、コンビニのビニール袋がやけに多い女性、なぜすぐに捨てないのか疑問に感じてしまいます。

②泊まりに行った時かたづけをしない

旅館の部屋

旅行に出かけた時やホテルに行った時、チェックアウトで部屋を出る際に、浴衣やタオルをたたまずそのまま部屋を出る彼女。たしかにお金を払っているわけですし、片付けは清掃の方に任せればいいのですが、自分の使ったものが散らかったままにしておくのはあまり印象が良くありません。
逆にベッドの布団やタオルをきっちり片付ける女性はとても印象が良いです。

③お金を返そうとしない・お礼を言わない

買い物をする男女

食事などの会計時に、こちらがおごる場合はいいのですが、
「いくらだった?」
「さっきの支払いいくら出せばいい?」
などと聞かずにお金のことをあいまいなまま終わらせてしまう人は、今後付き合いたいと思いません。いくら仲が良くなって、いつもこちらが食事代を出していても、お礼は言ってほしいものです。

④時間を守らない

遅刻した女性

毎回約束の時間に遅れてくる女性がいます。
女性は毎日メイクをしたり、男性よりも準備に時間がかかるかもしれませんが、それも見越して約束をしないといけません。
たまに遅れるくらいはいいですが、毎回15分、30分と遅れてくると、時間にルーズで相手のことを考えない人だと悪い印象が付いてしまいます。

⑤下着が見えている

着物の女性

かがんだ時に胸元が見えたり、しゃがんだ時にズボンの後ろからパンツが見えたり。人に見られているという感覚がない女性と感じてしまい、だらしなく感じます。男性はとくに自分の彼女の下着などを他の男性に見られたくないものです。

最後に
女性がのだらしない行動は今後付き合って結婚する相手として判断基準のひとつとなります。
彼女のだらしなさを発見して、どうしても今後我慢できない場合はハッキリと注意してあげる方がお互いのためになると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする