男性から不評意見多数な女性のオシャレ5つ

女性からするとかわいいファッションでも、男性から見るとあまり好評ではなかったり、実はやめてほしいオシャレやスタイルってありますよね。
男性から不評な意見が多いものを紹介していきます。

男性が苦手な女性のファッション

派手なネイル

ネイル

指先のオシャレであるネイル。ほんのり色が塗ってラメがキラキラしているくらいであればかわいくて好感がもてるのですが、爪が長かったりストーンがごつごつ付いているとマイナスに感じる男性は少なくないでしょう。
あまりに立体的な装飾だと料理を作る時に邪魔で生活感を感じなかったり、ゴミがたまりそうで清潔感を感じられません。

派手すぎるメイク

派手なメイクの女性

彼女、奥さんにはいつまでもキレイでいて欲しいのが男性の望みですが、すっぴんと違いすぎる厚すぎるメイクはあまりいい気がしません。
毎回出来栄えによって顔が変わるようなメイクはやりすぎと感じてしまいます。

クリンクリンのパーマ

パーマ

パーマでクリクリの髪より、ストレートが好きな男性が多数派ではないでしょうか。
サラサラの髪に女性らしさを感じるからかもしれません。
女子の間でパーマの話で盛り上がっていても、「前のストレートの方が良かった」と言う男性意見は多いものです。

大きいピアス

ピアス イアリング

直径10cmくらいの輪っかのピアスや、やたらと長くごちゃごちゃアクセサリーが付いているものです。
どこかに引っかかって耳がちぎれるのではと、怖く感じてしまいます。
実用性をもとめやすい男性は、「かわいい」よりも「邪魔」「危ない」という方に意識が向いてしまいます。

タトゥー

タトゥーの女性

年々浸透していくタトゥー文化ですが、女性がタトゥーを入れていることに魅力を感じる男性はそれほど多くはないでしょう。
「タトゥー=セクシー」とはなりにくく、マイナス要素にならなくとも、プラス要素で加点されることは少ないでしょう。
タトゥーが良い悪いではなく、タトゥーに悪い印象を持っている人が多くいるのが日本の現状だと思います。

最後に
日本の男性は「セクシーさ」や「派手さ」よりも、「おしとやか」や「清純さ」を重視する人が多いのではないでしょうか。
好き嫌いは十人十色ですが、彼女にはあまりしてほしくないファッションを男性はいくつか心に秘めていると思います。
どうしても嫌な場合は、多少すねられたとしても彼女に伝えた方が良策かもしれません。