筋肉を比べるな!彼女が他の男性の体型をほめるとイラつく理由

ダンベルを持つ男性

彼女が他の男性の肉体的特徴をほめて喜ぶ男性はいないでしょう。
いちいち言ってほしくない彼女の発言を男性はどのように感じているのでしょう。

筋肉がある男性に発狂する彼女にイラっとする場面

細い男性のイメージ

彼女が筋肉を見て嬉しそうする場面の例をあげてみます。ただの感想だとわかっていながらも、

「いちいち言わなくてよくないか?」

と感じてしまうものです。

テレビを見ている時

テレビを見るカップル

  • 筋肉系男がアスレチックにトライする番組を見ている時
  • 格闘技戦を見ている時
  • サッカーで試合終了後ユニフォームを交換する時
  • 筋肉質なダンサーがコンサートで脱いでいる時
  • スポーツ選手出演のドリンク系CMを見た時

外出時のケース

タンクトップの男性

  • 海に行った時にムキムキ小麦色男性とすれ違った時
  • BBQに行って隣の体育会系集団がタンクトップ姿だった時
  • ショッピング中に理想的体型の男性のポスターを見た時

筋肉をほめる彼女が嫌な理由

男としての劣等感を感じる

落ち込む男性

筋肉は男性としての象徴でもあります。象徴的な箇所を比べられて自分の方が下だと感じると、激しい劣等感に苛まれます。
特に好きな女性に言われるのが一番つらいものです。

DNA(遺伝子)的に負けた気がする

マッチョな男性

引き締まって力強い肉体、きれいな骨格に女性はDNA(遺伝子)レベルで魅かれるそうです。
肉体や骨格が良いと「遺伝子的として優秀」と無意識に判断し、優秀な遺伝子を残したいという女性の本能が反応するらしいですね。生物的に負けてしまった悔しさを感じるのはこのためでしょうか。

自分が「ひ弱」だとけなされているように感じる

彼女がそういうつもりで思っていなくても、たくましい男性と比べられると、自分が「ひ弱で情けない男」と言われた気分になります。
男性側の被害妄想かもしれませんが、比べられた気がしてしまうのが男性の本音かもしれません。

どうしてもつらい時の解決方法

筋トレを始めて筋肉をつける

筋トレをする男性

数カ月~数年かかるかもしれませんが、一番シンプルな解決方法ですね。
マッチョまでいかないにしても、情けない体型から筋肉質な体型になっただけで男性としての自信がつくでしょう。
筋トレを始めた理由が、「女性がきっかけだった」というケースは多くあります。

彼女が好きになってくれた箇所を伸ばす

ポテンシャルが高い男性

彼女が自分と付き合ってくれたということは、筋肉以外の部分を好きになってくれたからではないでしょうか。

  • オシャレ
  • おもしろい
  • やさしい
  • 趣味のセンス
  • 博学で知識が広い
  • 歌がうまい
  • プログラミングでアプリが作れる

これらのように、筋肉以外の面で自信があるのならば、その魅力をさらに伸ばしたり深めたりするようにしましょう。
筋肉は動物的な魅力ですが、人間的な魅力で筋肉質な男性に勝ることはできます。

最後に
他の男性の筋肉をほめて欲しくないけど、注意するほどのことでもないのでフラストレーションがたまってしまうのが男性の本音ですよね。
生物的に比べられたと感じた時に、男性は深く落ち込むようです。
筋肉をつけたり、筋肉以外の箇所で自分の魅力を伸ばしたり、とにかく自信をつけることが「イラっとしない」ために必要な解決策のようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする